グアシャとは?&施術例

グアシャ(カッサ)とは

グアシャ(カッサ)とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法である『カッサ療法』が原点。
この『カッサ療法』をモデルとし、アメリカにて医療現場やスポーツ現場に応用する研究が行われてきました。

気のとどこおりを解消、血の流れを促進、老廃物を促す効果があるといわれております。

現在、日本においても類似技術が出回っていますが

当施術では筋間にインストゥルメンタルをいれ、

筋間の癒着除去・浅層と深層の筋肉間の滑走改善などを行います。

グアシャ(カッサ)とは

グアシャ(カッサ)とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法である『カッサ療法』が原点。
この『カッサ療法』をモデルとし、アメリカにて医療現場やスポーツ現場に応用する研究が行われてきました。

気のとどこおりを解消、血の流れを促進、老廃物を促す効果があるといわれております。

現在、日本においても類似技術が出回っていますが

当施術では筋間にインストゥルメンタルをいれ、

筋間の癒着除去・浅層と深層の筋肉間の滑走改善などを行います。


 

●効能●

筋膜のクロスリンクの改善→不要なコラーゲンを除去し正常なコラーゲンに。

コラーゲン組織の伸張性の改善→筋肉の疲れを軽減。ストレッチが楽になります。

線維芽細胞や毛細血管の新生によるリモデリング作用→ケガ(捻挫・靱帯損傷など)の早期回復

●禁忌●

腎臓疾患
急性炎症時の受傷部位
代謝性疾患による疼痛(痛風・偽痛風)
​切傷などがある部位(感染症防止のため)

グアシャの効果

Posted by syanabo